ポチっとワンPUSHお願いいたしますキスマーク banner_02.gifにほんブログ村 犬ブログへ 029.gif*****

2014年08月23日

あるある〜なお話

ダディが面白いマンガをもらって帰ってきました目
在日外国人に日本語を教えている日本語学校教師の
外国人生徒とのユニークやりとりをマンガにしたものです本

ダディが「自分も読んでみたら勉強になるかな?」
なんて言うから、
とりあえず私が先に目を通して、内容確認してあげるからって言って
先読み顔(イヒヒ)(←ホントは面白そうだったから単に先に読んでみたかっただけ)


日本語を学んでいる外国人からの素朴な疑問から
改めて日本語を考えさせられたり、
笑えるカルチャーショック系エピソードがあったりと・・・
ホントに爆笑!×なるほど〜な内容で、
大笑いしながら読みましたわーい(嬉しい顔)
IMG_6829.jpg



私の突発的な笑い声も
茶色い子には全く無関心??
IMG_2393.jpg
隣で爆睡したままでした顔(イヒヒ)


「教えて頂けますか?」と「教えて下さいませんか」の違いや
「さしつかえなければ」と「おそれいりますが」の使い分けを
教えて下さいって・・・・・難しいですよねw
結構この種の類、
ウチでもよくダディさんに聞かれるんで笑っちゃいました。

因みに、この「教えて・・・」は「教えてもらえる権利の度合い」の違いと説明してました。
「頂けますか?」の方が権利が高く、『下さい」の方がこれより低くくなります。
(な〜るほど〜ひらめきですね)
そして「さしつかえなければ・・・」の方は相手に断る余地をどれくらい与えるかの違い。
(ほほぉ〜ひらめき
普段何気なく使っている言い回し、言葉ですが、
改めて説明するとなると結構難しいんですよね。

そして
結構外国人が苦労するのがカタカナって話にも笑ってしもうた顔(笑)
「マクドナルド」は「マッダァノ」じゃないと通じない。
うんうん、その通り〜顔(笑)
特に外来語表記(外国語をカタカナで表記)は発音の違いから
ダディもアタシも互いに「??」なんてことは未だに結構あったりしますから。


写真の中に映り込んでるキャットフード缶詰を「猫肉」とか「猫印のメーカーのかつお缶」と間違えてしまうってエピソード、
ウチもフツーに勃発してます。
チョコの食べ物の類でホネエサww
なので我が家ではダディの誤飲食がないように
マジックで大きくパッケージに「FOR DOG」と書いて保存したりしているんですよ顔(笑)



我が家でもよくあるあるのカルチャーショック系のお話にも笑っちゃいました





ニックネーム チョコたん at 20:19| Comment(4) | TrackBack(0) | バイリンガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私もエアデールとワイヤーフォックステリアのわんこを飼っています。実は、7歳のワイヤーフォックステリアがここのところ、寝ている時におもらしをするようになり、原因を考えていました。ネットで探していたら、チョコたんのブログを発見。同じような症状に、これだ!と早速豆乳を与えましたが量がわかりません。ブログに”計算した”と書かれていらしたので、もし差し支えなければ教えていただけませんでしょうか。
Posted by あかねとゆきのまま at 2014年08月25日 07:03
むずかしい〜。日本人でもむずかしいぞ〜
Posted by うめ at 2014年08月26日 19:48
>あかねとゆきのままさんへ
はじめまして♪ままさんのご心配、お察しいたします。
チョコも一時は尋常でない程おねしょが酷かったので;
今はおかげさまでその頻度も激減しています(今でもたまぁ〜に忘れた頃に発生しています)。
一番酷かった頃、鍼治療を受けたのですが、これは本当によく効きました。1晩に2、3回はあったおねしょが施術後ピタリと嘘のように止まりました。
なので、もしお近くに犬の鍼治療を行っている所があれば施術を受けてみるのも良いかもしれません。

イソフラボンの過剰摂取は体に良くないと言われているようで、人の場合は1日70〜75mgが適量なのだそうです。
なので、私はこの数値を基に自己流計算をして与えていました。(計算式というのが特に存在していないようでしたので)
あくまで自己流の計算でしたのでブログに数値を載せなかったのですが、参考までに我が家のケースをお伝えしますね。
体重1キロ辺り1.4mg摂取(50キロの人が70mgの摂取想定)。
チョコは現在体重が4.3キロなので1日摂取量は4.3kg×1.4mgで約6mg/日。
大豆、きな粉、豆乳などのイソフラボン含有量をネットで調べて、6mg摂取するにはどれくらい与えてよいのかを計算して与えていました。
例えば・・・
豆乳は125mlで69mgのイソフラボン含有量があります(無調整など豆乳の種類により違いがありますが)。
1mlには0.552mgのイソフラボン含有量ということになりますので、
6mgのイソフラボン摂取するなら約11mlとなります。
結構少ない量ですよね苦笑

あくまで自己流の計算ですが、参考までに☆

また近日中に、最近病院で再検査を受けた時のお話を含め、「考えられるおねしょの原因」についてブログにUpする予定ですので、また訪問してみて下さいね。

おねしょが落ち着きますように☆
Posted by >あかねとゆきのままさんへ at 2014年08月27日 13:06
>うめさんへ
ホントですよね〜。
ダディと話していると答えに詰まる事多々あったりして、
改めて自分もお勉強させられてる感じです苦笑
Posted by >うめさんへ at 2014年08月27日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3681212
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック