ポチっとワンPUSHお願いいたしますキスマーク banner_02.gifにほんブログ村 犬ブログへ 029.gif*****

2012年01月30日

震災の備え

いつものベットで・・・




これまたいつものように
クッション3段重ねの上で



いつものように
憩っているチョコ犬
IMG_6667.jpg



でも1つだけ違うのは・・・








お家に居るときも迷子札付の首輪をしている事目
IMG_1361.jpg
首輪の内側には住所と電話番号、
迷子札には名前と犬鑑札番号が記載されています。

3.11の震災後
しばらくの間はこんな風に家でも着用していたのですが、
時間の経過とともについついしなくなっていましたたらーっ(汗)

ここへきてまた着用義務づけ。
震災の備えの1つですひらめき

ニックネーム チョコたん at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

マイクロチップ

スーパードックカーニバルの会場にこんなブースがありましたイベント
P1070622.JPG
マイクロチップ普及活動参加動物病院サポートによる
マイクロチップ装着ブース


これは医療行為にあたるので
獣医師さんがその場で問診をし、マイクロチップを装着していました。

私は以前からマイクロチップ装着に関心があり
主治医にちょっと相談してみたりしたこともあったりしたので
興味津々目

「痛いですよね?」って聞いてみたら
「確かに専用注射器は太いし痛みはありますよ。飼い主さんには見ているのがつらいかと思われるのでウチでは飼い主さんには待合室で待ってもらって装着しています」
って言ってたんですよーあせあせ(飛び散る汗)
で、私も怯んでしまったわけです。(理由はそれだけではなかったけど)

それが
実際にワンコが目の前でマイクロチップを装着しているんだからびっくりです目
そらぁ気になります目

P1070623.JPG
チョコもそんな様子を真顔で見ておりましたよ犬


つい先日、迷い犬保護の経験もしたところだったし
このブースを見て
またマイクロチップのことが気になりだしました。

スタッフの方に色々気になっていることを話してみました。
親切丁寧に私の疑問に答えてくださり、
また、埋め込む実物のチップを見せながら丁寧な説明をしてくださいました。

チップの大きさは直径2ミリ、全長12ミリの円筒型。
見た目は結構大きい目
で、これを装着する注射器は当然太いっがく〜(落胆した顔)
なので皮下脂肪の薄い子は特に痛みが感じやすいとのこと。
出血もちょっとあるそうです。
でも出血はすぐに止まるし、特に装着後の留意点もないそうです。
ただ首根っこあたりに装着するのでせいぜいフロントラインの使用は少し日数をあげてくださいとのことでした。


実際ワンコの装着の様子を見ていると
かなり小ぶりなチワワちゃんには一瞬鳴いたり、ビクンと跳ねる子がいましたが
他の犬種では特にいつもの注射(ワクチン、予防接種、血液採取とかの類)と変わらない感じでノンリアクションでしたよ目

装着後のCTやMRIなどの検査にも特に影響もなく、また装着による健康被害の報告もないとのこと。

そして肝心なマイクロチップの読み込みについて。メーカーにより統一されていないと聞いていたのでそのことも質問してみました。
こちらで扱っているマイクロチップは日本獣医師会が推奨しているものだし、
ISO規格のチップでもあるので国内メーカーのリーダー読み込みに対応しているので心配無用とのことでした。




うーーーーーーん
心揺れるね〜
マイクロチップさえ挿入してしまえばもしもの時に絶対安心と
言い切れるものでもないと思ってはいるけれど、
もしもの時の用心はあればあるほどいいわけだしね。
迷子札にマイクロチップのダブル着用・・・ありだと思う。

ずっと長いこと気になっていたマイクロチップですし、
おねえたんと二人して
その場でウダウダ・・・


結局・・・・








よくよく考えてまた戻ってきます〜Hello
と、とりあえず一旦その場から離れましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
そしてお友達と合流して・・・・・

















今度はお友達と一緒に戻ってきてみた顔(笑)
P1070624.JPG
まさかアレやるんじゃないよね??のお顔してます顔(イヒヒ)






装着シーンを間近に見てみて、
そしてスタッフの方から色々話を聞いてみて決心がつきました手(グー)
お友達に見守られているっていうのもまた後押しになったかも顔(ペロッ)


お友達と一緒に装着の様子を見学しながら
一番オススメの獣医さんをチェックチェック目
見事その方に装着していただけることにぴかぴか(新しい)
P1070625.JPG
手前にある白いループ状のものがハンディタイプのリーダーです目



P1070626.JPG
そしてチョコの足元に置かれているのが注射器です注射



P1070627.JPG
ハンディーリーダーでチップ装着前に
本当に未装着であることの確認。
そして装着後にはきちんと読み込みができることを確認しますサーチ(調べる)



P1070635.JPG
上この辺りの皮をひっぱりつまんで注射器を差し込むみます注射


P1070629.JPG
問診後はいよいよ・・・・・








P1070628.JPG
チョコさん最後のあがき犬(泣)




P1070633.JPG
ひとりで押え込む
自信がなかったので
獣医さんに助っ人をお願いして3人がかりでのブスッどんっ(衝撃)






P1070634.JPG
見てくださいっ!
あの太っとい注射器が刺された瞬間、
チョコさんグッと身を縮めてウンチしているように丸くなっちゃいましたがく〜(落胆した顔)
注射される直前まではフツーに体を伸ばしてたのにあせあせ(飛び散る汗)



P1070636.JPG
そしてこの後は
ずっとこのウンチング・スタイルで完全フリーズしておりました。
下半身はずっと小刻みに震えてたし犬(泣)
こんなチョコを見るのは初めてですっがく〜(落胆した顔)



P1070637.JPG
はい、おつかれさまでした〜Clap
ウンチング・スタイルのままのチョコを
そのまんま抱き上げて退散です顔(笑)







たいした出血もなく、
無事マイクロチップ装着完了いたしましたぴかぴか(新しい)




その後のチョコさんは・・・







P1070639.JPG
ぐったり気疲れ?顔(イヒヒ)





チョコがしているマイクロチップと同型のチップが紹介されていますパソコン
こちらで紹介されている問題点、設置箇所やその数データなどについては2003年当時のものですので現状とは異なっています。
あくまでマイクロチップの説明、装着・登録についての参考と思って読んでみてください。
下下
マイクロチップについて
ニックネーム チョコたん at 01:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

ダックスを保護〜教えてください〜

警察に問い合わせたところ、
飼い主が現れ
無事に飼い主の元に帰れたとのことです。
よかったぁーもうやだ〜(悲しい顔)


10月3日夜11時過ぎ、
同じ階に住むご近所さんがピンポーン。

チョコではありませんか?と
ノーリードのレッドのMダックスちゃんを連れていました。
事情を聞いてみると、
夜10時頃、お友達がその方のお宅を訪問された折
サブエントランスから一緒にマンション敷地内にスーッと入ってきたのだそうな。
フツーについてきたので
てっきりウチのチョコだと思ったのだそうです。
(以前にもそちらのお宅の扉が半開きだったのをいいことに
チョコさん玄関先へ不法侵入した経験あり)

ウチのマンションの子なら
管理会社に写真貼付でペット飼育届け出書を提出しなくてはいけないことになっているので照合すればわかるのですが…
時間が時間なので翌日朝9時以降にならないと管理業務が始まりません。

動物の飼育経験がないというご近所さんでしたし
かなり焦っていらしゃいましたので
マンションエントランス付近にとりあえず張り紙だけしておいて
翌日朝までウチで預かることにしました。

で、その後ふと思ったのが・・・
ほんとにこの子はウチのマンションの子なのか??ということ。
敷地外からやってきたらしいし・・・。

そこで
もし外部からの迷い犬だったら
警察に届けが出ているだろうと
飼い主が飛び込むであろう
我が家から一番近い交番にワンコ連れて行ってみました。
ワンコを探している飼い主さんと道なり遭遇することを願いながら・・・。

届け出はされていませんでした。
この辺りはちょうど隣接した区との境でもあったりするので
もしかしたらお隣の区からやってきたのかもしれないとのことでした。

じゃあ隣の区の交番なり警察署にも届け出する必要あるよね猫(足)
でも交番のおまわりさんが言うには
情報は共有できる体制だからお隣の区の警察にまで届け出はする必要ないと。
時間は若干かかっても情報共有できるのだから出向く必要はないって言うんです。
そうなのかぁ・・・
でもワンコのために少しでも早く飼い主に会えるようにしてあげるなら
やっぱり出向いた方がいいような・・・。

飼い主からの届け出が出されていないようでしたので
とりあえずこの日のうちにできることはなさそうだと
退散しようとすると、
ワンコは警察が預かるっていうんです。
私は連れて帰れないらしい。
ワンコは拾得物扱いになるからかしら??

ワンコが心配で
どこでどう保護するのか聞いてみると、
交番から管轄の警察署に移されるそうで
そこにはケージも餌の用意もあるから心配いらないって目
だいたいにしてワンコの場合は大抵1、2日位で飼い主が現れるから大丈夫ですって。

警察での保護期間っていつまでなんだろう・・・。
本当に今日明日には飼い主さんの元に戻れるのかな・・・。

まさか警察に保護されることになるとは思っていもいなかったのですが
警察に届け出るっていうのはこういうことなのでしょうか。
交番を後にするおねえたんと私をクリクリお目目で
不安そうに追っていた表情が忘れられません。


今私にできることって
他にないのかしら?
迷い犬を保護した経験がないのでよくわかりません。

とりあえず迷い犬猫の掲示板を探し、
書き込みをしてみました。

警察以外に保健所にも届け出る必要があるのかな?
でも、保健所、保護センターは一定の短い期間が過ぎると殺傷処分になるはずだから
下手に連絡していいものか、
また警察と平行して保護した者が平行して届け出るべきものなのか、
はたまた警察サイドからそういった方面にも連絡がいくものなのか・・・
さっぱり見当がつきません。

交番おまわりさんが言うには
飼い主が見つかっても見つからなくても
警察から連絡がくることはないそうなので、
気になるようなら
管轄する警察署にマメに直接電話して聞いてみてくださいって。
勿論毎日電話するつもりでいますけどね。
それ以前になんとか手元において保護できないかとか考えたりもしています。

実際にはチョコもいるし、かなーり厳しい状況なんですけれどね;
なにせ最初にこのワンコをご近所さんから預かった時も
チョコがジャイ子化して大騒ぎだったしふらふら
そんなチョコを見てワンコの方も悲鳴みたいな声あげて怒るんです。
で、私がワンコを抱き上げるから
さらにチョコは嫉妬して怒る怒る・・・苦笑。
同い年くらいの女の子同士だったっていうのもあるのかな??
チョコより大きかったし???
保護したワンコは出産経験があるっぽかったです。

一体こんな状態でどうやって一晩過ごすんだ??とプチパニクったくらいだったのですが・・・
きっと慣れてくれるものよねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)(多分??)


今もまだちょっとプチパニック気味の私なのですが、
今の自分にできること、
飼い主さんになるべく早く再会できるための術、
色々考えてみたいと思います。
警察に保護されてしまった以上、タイムリミットは限られているのでしょうから…。
皆様からも是非よい知恵を拝借できればと思っています。

皆さんならこんな時どうされますか?
どういうリアクションをとられますか??
またどうするべきなのでしょうか。

明日はとりあえず・・・
また届け出た交番と、我が家から一番近い隣の区の交番を訪ねてみようと思っています。
そして管理室にも行ってこなくちゃ。
ポスターも作った方がいいですよね。
勝手に電柱とかに貼っていいのかな??
これも調べなくちゃ・・・;;

あぁ、なんだか
ドキドキソワソワで
今夜は眠れそうにありません



<続きを読む>
ニックネーム チョコたん at 03:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

「ぼくたちセンターで待っています」(リンク)

緊急のお願い (転載・リンク大歓迎)

東北地方太平洋沖地震の被災動物やその飼育者の支援を行うため、
活動資金の募集をしております。 
振込先口座は、下記のとおりです。ご協力をよろしくお願い致します。

・みずほ信託銀行 渋谷支店(店番号022) 普通預金 4335112
・口座名 緊急災害時動物救援本部(キンキュウサイガイジドウブツキュウエンホンブ)

(問い合わせ先)
緊急災害時動物救援本部 (事務局:財団法人日本動物愛護協会)
 〒107-0062 東京都港区南青山7-8-1 南青山ファーストビル6階
 電話 03(3409)1821 ファクス 03(3409)1868

【緊急災害時動物救援本部の構成団体】
・財)日本動物愛護協会 
・社)日本動物福祉協会 
・公)日本愛玩動物協会 
・社)日本獣医師会

※ペット専用ブログサイトのアセラでもグルーポン系サイトを通じての上記団体への義援金募集しています。



**************************************************




飼い主さん・ご近所さん。
この子たちの情報がわかる方。
知っている子に似ているかも?という方を探しています犬猫

仙台市動物管理センターで「ぼくたちセンターで待ってます」


カラーやリードを身に付けていた子が比較的多く、
家族の一員として愛され、可愛がられいた子達だということは
容易に察することが出来ます。

もし迷子札や鑑札なども一緒に身に付けていたら・・・
もっと早く家族とコンタクトが取れたかもしれない??
ふとそう思いました。



「どの子もなんだか寂しそうな目をしてるよ・・・」っておねえたん。

そうだよね、
寂しいよね。
早く家族のみんなに会いたいよね。


どの子も早く飼い主さん達と再会できますようにぴかぴか(新しい)


P1050149.JPG
うん、そうだねぴかぴか(新しい)
ニックネーム チョコたん at 22:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

広島どっくぱーくのその後

アークエンジェルさんによるこの状況をいち早く取り上げ、ブログにリンクを
と、ご連絡下さったまいさんがボランティアに参加されたそうです。



まいさんによる現地リポート

読んでいて、さすがに大阪までかけつけることもできない自分が凄く歯がゆかったですふらふら

ニックネーム チョコたん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

緊急保護・続き

昨日ブログにアップした大型犬を中心とした飼育放棄に関する情報について追記させてください。

コメント欄でも触れたのですが、
写真を見て、救出されているそのワンコの数の多さに驚かれた方もいると思います。
一体何頭いるんだろうかと・・・。
しかし、このワンコ達は一体何処から保護されているのかという情報については公にされていませんでした。
業者との兼ね合いだったようです。

「どこから?」という情報の有無は残念ながら「これって本当の話??」に結びついてしまう事があるので、私も気にしていました。
ひらめき
行政・業者との話し合いもつき、やっとこれらについてが公にされたようです。
広島ドックパークからの約450頭でした。

http://pochinoa.blog66.fc2.com/blog-entry-149.html

100頭近いらしい??とは聞いてはいましたが、一度にこれだけの数の飼育放棄って、どういうこと??と私も思っていましたが、「ドックパークの破綻」と聞いてその数にも納得・・・。
そうだったのか・・・。
で、改めてこいつは大変だっ!!と思いました。
想像をはるかに超えた頭数です。

私のブログは我が家のチョコさんの日記なのですが、やっぱり私はこういう話を耳にすると放っておけないんです。

今の自分にできることって何だろう・・・って考えると、自分のブログにUPして一人でも多くの方々へご協力・ご支援・リンクのお願い等のお呼びかけのお手伝いをすることしかなくて・・・。
歯がゆいけれど里親にも、ボランティアスタッフもすることができない私。こういう活動をされている方々には本当に頭があがりません。

今の自分の範囲の中でできること・・・やっぱり私はしたいです。
ワンコ大好きっていう単純で率直な気持ちから、私はこの種の話を聞くと記事にせずにはいられなくなってしまう・・・。
どうかチョコのお話と違うやん、なんて思わないでやってくださいね。
ちょっとだけお耳、お目目を拝借できれば幸いです。


ニックネーム チョコたん at 14:31| Comment(11) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

緊急保護

25日月曜日、ネットの接続に不都合があってネットをいじり出したのが遅かったため、ブログUP後にメールチェックをした私。

そしてMu*Niqueのまいさんからいただいていたメールを読んで、あわてて再度ブログUPをしています。

知ってしまったからにはやっぱり見過ごすわけにはいきません。
少しでも早く、沢山の人に知っていただきたい。
そして個人で協力できる範囲で少しでもサポートいただければ、
こちらの記事を是非リンクしていただければ、と思い
記事を緊急UPさせていただきました。


大阪にある保護団体Ark Angels(アークエンジェルズ)さんで、放棄された大型犬の大量保護がなされています。
大型犬とはいえ、どの子もとても悲惨な状況下の中に置かれていたため小型犬・中型犬程度の大きさしかありません。
いったいどれくらいの間、水もゴハンも与えられない状況に置かれていたのだろうと思わせるほど、皆やせ細っているのです!
立ち上がる事もままならず床ずれを起こしている子、互いの排泄物を生きるために奪い合い、生きるために口にして生き残ってきた子・・・
目を覆いたくなるような写真ばかりで・・・
深夜一人で目頭熱くしていた私です。

溺愛されている我が子、そして生まれてくる場所を誤ったばかりにこんな悲惨な目に合わされてしまった不幸なワンコ達・・・。
ワンコは飼い主を選べないし、生まれてくる場所なんて選べない。
同じ尊い命を持って世に授かったワンコだというのに、
この格差、この現実・・・
あまりにも悲しすぎます。


まいさんもご自身のHPの中でのコメントを一部転記させていただきます。
医療費がかさんでいるようです。写真を見ればそれが当然な事も判ります。

実際にボランティアには行けない方でも、是非、お振込み・ブログへののリンク等を
お願い致します。本当に、私には到底出来ない事を実際にやってる方がいる。
その行動力と、深い愛情にただただ脱帽です。 どうか皆様宜しくお願い致します。

追記:上記ワンコの頭数は何百頭、という数??みたいです。
    少しでも力になってあげて下さい。我が家も出来る事は協力します。

追記2:↑勿論、リンクは強制ではありません。イイヒトぶりたい訳でもなく、詳しい事情も知らないし、残念ながら正義の味方でもありません。(何が正義なのかも判りません)ただ、同じ大阪市内にこゆワンコが現実として沢山保護されてるんだ、と思うと何もしないでいるよりは、出来る事だけでも協力したい、と思っているだけです。宜しくお願いします。



レスキュー事情説明のページ:http://ark-angels.com/rescue.html
スタッフさんのブログ:http://arkangels.blog34.fc2.com/
             (9月19日以降の記事が本件の詳細です)



ニックネーム チョコたん at 03:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

百代ちゃんのお話

今日仕事中に、最近フレンチ・ブルのモナコちゃんを家族に迎えた学生時代からの友人からメールをもらいましたメール
「ワンちゃんへの法律って甘い。冷たい世の中なのね・・・もうやだ〜(悲しい顔)と。
そして是非このNEWSを知ってもらいたい。って演劇


で、今さっきこの件に関するブログを読んでみたのですが・・・
とてもショッキングでした。そして色々考えさせられました。
生命の尊さ、歯がゆい法律の壁、もし・・・我がワンコがこんな事件に遭遇したら・・・どう対処すべきなのかなどなど。


概要はこうです。 
8月28日午後2時50分〜3時頃。札幌市にあるドラックストアの入り口につないでおいたフレンチブルドッグの女の子、百代(ももよ)ちゃんが、飼い主の買い物中にいなくなってしまいました。
残念なことに目撃者もなく、「車で連れ去られたのではないか?」ということで、ビラをまいたり、ブログによるワンコ友の輪から情報提供、協力の呼びかけてきたそうなのです。

そんな中、31日に動きがありました。
「探しているらしきワンコが車に轢かれ、運転手がその場からワンコを持ち去った」との電話情報が入りました。そして、その約1時間後には同様の情報がブログにコメントされ、「交通事故に遭遇したのか?」との不安が広がりました。
しかしながら情報現場辺りの清掃局等にはその種の報告は入っていない・・・。

その直後、「同じマンションの6階に住んでいる女性が最近、探しているワンコにそっくりな子を連れている。」との別の情報が入りました。その情報を聞く限り、そのワンコが百代ちゃんである可能性はかなり高い・・・。
そこで飼い主さん、飼い主のお兄さん、そしてブログ・ビラまきでと一緒に百代ちゃんを探してきた方々がそのマンションへ向かいました。
情報提供者であった方とその場で話をしたのですが、やっぱり・・・百代ちゃんっぽい。
マンションの管理人さんに事情を話し、その女性とかけあってくれる事に・・・。

その女性は玄関先で百代ちゃんの件は知らないし、部屋を見せるなどの協力も拒否。
女性の見えないところで彼らは警察にも連絡をしていたようですが、なにせ「ワンコ事」。
なかなか要領を得ることが出来ずで、警察との連絡もスムーズに行かないダッシュ(走り出すさま)

そんな中、その女性と押し問答があった挙句・・・・

本当にとっさの出来事だったようです。

その女性はベランダから投げ捨てたのです。



ワンコを・・・・。



その子は・・・やはり百代ちゃんでした。
百代ちゃんは即死でした。

そしてこの女性は39歳。2児の母親でした。
「交通事故を目撃した」と電話したりブログに書き込んだのもこの女性だったそうです。


※より正確な事実、事件の詳細については「茶々ママDiary(茶々ママさんのブログ)」「puri☆pochi life!!(まこちさんのブログ)」に掲載されています。8月28日以降からの記事を見て下さい。


百代ちゃんの死は、「器物破損」でしかないのでしょうか?
ワンコを飼い主の前で殺したこの女性の罪は単なる「窃盗罪」なのでしょうか?

犯人に重罪を科すは法の力だけではどうも難しいらしいことのようです。
       
我が子から目を離してしまったことはもちろん飼い主の責任だとは思います。
でも、お散歩中の交通事故とか誘拐・・・そう考えるととても他人事には思えないのです。
「飼い主の不注意」から・・・はい。そうだと思います。でも、世の中の大多数の事故はその「不注意」から起きていると思うのです。
明日は我が身かもしれない。
我が子を守る為の防犯対策、不慮の事故を避けるために最善の注意を払うことの大切さをしみじみ感じると共に、その「もしも・・・」が起きてしまった時の対応の仕方は考えておかなくてはいけないような気がしました。
事故がおきたら救急車を呼べるわけではない。
行方不明になったら警察が探してくれるわけではない。
傷害・死亡事故に見まわれても法のさばきには限界がある。
警察の介入には限界がある・・・。

この一連の事件を伝えるブログの中でも触れていましたが、「誘拐犯らしき者が発見された時」「居場所がある程度断定できた時」のアプローチの仕方も考えなくてはいけないんだなとも・・・。

そしてこの非情な女性が今も何事もなかったように生活しているという現実。これはもっと問題視していかなくてはいけないと思いました。動物が「物」として扱われていることにはとても苛立ちを感じずにはいられません。
粗悪なブリーダー業者しかり、しっかりと罰して欲しい。

ワンコを通して、ブログを通して広がる友達の輪ぴかぴか(新しい)
私もその素晴らしさに感動している私。
この「百代ちゃん行方不明」の捜査に一役かったのもブログでした。ブログの凄さというものをまた改めて感じさせられたりもした私です。



今回のこの百代ちゃんの身に起きた事件を風化させず、問題提起していくことを、行方を一緒に探していた方々、そして飼い主さんが望んでいることを彼らのブログから、私は読み取りました。

百代ちゃんの冥福を祈りながら私も自分のブログで取り上げさせていただきました。


ニックネーム チョコたん at 01:16| Comment(35) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

命の尊さ

昨日の夕方、買物のために車で移動中、娘と一緒に見ていたTVのニュースを見て思わずひとり怒りまくってしまいましたむかっ(怒り)
TV相手の独り言にしかならないというのに・・・


報道の内容は直木賞作家が日経新聞に連載中のエッセイの中で、自分が飼っている猫が産んだ子猫を崖の下に投げ捨てて処分していると語っているというものでした。
タイトルもそのまんまの「子猫殺し」

J-CASTニュース:女流作家「子猫殺し」ネット上で騒然

livedoorニューストラックバック[子猫殺し]直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白

避妊手術に対する考え方は人それぞれだと確かに思います。
だからと言って子猫が産まれれば崖から投げ殺して捨てればいいという、その感覚には疑います。
育てられないなら子猫を作らせない・産ませないように注意してあげなくてはいけないと思うのです。
そしてこれは飼い主の義務だと思うのです。

育てられないから、いらないから保健所に持ち込む、処分する・・・。この作家の感覚は多分こういう人達と同じなのではないかと思います。
動物を飼う資格ないと思います。
「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した」と作家は語っていましたが、
「生」に優先順位があるのかっexclamationむかっ(怒り)自分の育ててきた猫がイチバン。その子が産んだ子は知らんって言うのかexclamation&questionパンチとTVに向ってずっと吠えていた私演劇演劇


そんな作家は犬を3匹と猫を3匹飼っていて、そのうちの5匹はメスなのだとか目当然避妊手術などの処置はしておらず放し飼いをしているのだそです顔(なに〜)
ん?もしかして子猫のみならず犬も・・・??と思ったらやっぱり・・・「仔犬も始末している」そうであるがく〜(落胆した顔)

J−CASTニュース:「子猫殺し」女流作家今度は「犬殺し」?


今日会社からUPした日記同様、人の手でしか生きていけない環境にある動物をこんな安易に扱っていいのか!と怒りが込み上げます。
動物も人も同じ「尊い命」だというのに・・・もうやだ〜(悲しい顔)
ペットとして迎えられる動物は人だけが頼りじゃありませんか。それを金儲けの道具として使い捨ての雑巾か何かのように扱っていいはずない。
自分の子供が妊娠出産して育てられなかったとしたら・・・安易に殺してポイ。こんな事できないでしょう?それ以前にそんな発想ないでしょう??

昨日今日と、こういった悲しいニュースを見聞きして、とにかく腹立たしく思うとともに悲しくて・・・行き場のない怒りが涙になってしまう。そして吠えずにはいられなくなってしまう私演劇演劇

「こういう人達は生まれ変わった時、今度は自分がそういう苦しい思いをして死んでいくんだよ。殺されちゃうんだよ。それが輪廻転生なんだよ。」
ブツブツと言わずにはいられないです。やっぱりダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
ニックネーム チョコたん at 21:42| Comment(23) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急保護

今私はまだお仕事中で会社に居ます。
ウチの会社、こっそりネットを閲覧できる環境でないのですが、たま〜に今日のように暇になることがある・・・。
で、皆さんへコメントを返したり訪問をしていたりしていたのですが・・・お留守番犬・ホッピーの日々のerikaさんのところでこんな記事を目にしました。

劣悪な環境下から53匹のわんこが保護され、皆さんからの協力・援助を求めているWan lifeさんの記事です。

その劣悪な環境、そして可愛そうなワンコ達を目にして自分はまだ会社にいるというのに思わず涙が・・・・。

これは少しでも沢山の方に知っていただき、ご協力を呼びかけるべきだと思いました。
少しでも早い方がよいと思って急遽会社からUPしています。

可能であれば、どうかこの事を皆さんのブログでもUPしてあげて欲しいです。
沢山の方の目に留まればと思います。
保護されたワンコ達のために可能な範囲で協力してあげていただければと思います。



(erikaさんのところから文面をそっくりコピーさせていただきました)

緊急保護!   

三重県のあるブリーダーのところから53匹のわんこが保護されました。

@ この子は、残念な事に目が見えません。。
A この子には歯がありません。
B この子は目から膿が出ています。
  歯石が原因で歯と歯茎が腐り、その膿が涙腺を伝い目から出ていました。
  アゴの骨も腐っており、ご飯が食べれません。。。

あまりにかわいそうで、思わずわが2わんを抱きしめました。
実際の画像は、下記のホームページから見ることができます。

http://blog.livedoor.jp/wanlife1/

(記事より貼り付けました。)
ニックネーム チョコたん at 17:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

CATNAPパネル展&里親会

今日はいつも利用しているカフェで、
偶然にもリンクを貼らせていただいている動物愛護団体CATNAPさんのパネル展&里親会があったので出掛けてきました犬(足)

CATNAPさんは不幸な状況下に置かれている犬猫の里親探し&不幸な犬猫を無くすための広報活動を広く行っている団体です犬猫
この団体の活動を知るきっかけとなったのはみかんさんからのカキコからでしたパソコン
当時彼女はMダックスのチョコ君の一時預かりをされていました犬(笑)
ウチのチョコと同じ名前のチョコ君…以来私は彼の一時預かり日記を読みつづけていましたパソコン
無事里親さんが決まった時は…泣けて泣けてヤバかったです顔(泣)



10時〜14時までの間は3グループに分かれて里親会が開かれていたのですが、朝からどうしても抜けられない用事があり
残念ながら犬(笑)達やCATNAPスタッフさん達とお会いする機会は逃してしまいました失恋
ふぇ〜ん顔(え〜ん) 残念バッド(下向き矢印)




カフェのフリースペースのパネル展カメラ

保健所に収容され処分を待つ犬、めでたく里親さんに引き取られ新たな生活をスタートする犬(笑)猫(笑)達・・・・
catnap1.jpg

様々なパネル写真とそのコメントに、危うくもうやだ〜(悲しい顔)しそうになりましたあせあせ(飛び散る汗)
や、やばい 娘とチョコの前で母さん泣いてしまいそうダッシュ(走り出すさま)
堪えましたょ〜、必死でふらふら



catnap2.jpg
「まるでボロ雑巾のように捨てられたリヴ。
全身は毛玉、床ずれの化膿と糞尿で悪臭。
長年、大きな精巣腫瘍を抱え、歩けなくなって久しくないのだ。
四肢は開き手足は曲がっている。
目もほとんど見えない。」


catnap3.jpg

catnap4.jpg
毛を刈られた姿は、悲しくなるほど痩せていました顔(なに〜)

こんな事って・・・・
絶対許せない
爆弾


CATNAP代表の「活動のきっかけとなった出来事」コメントにもとても切ない気持ちにさせられました。
「散歩していて見つけた青いビニール袋のゴミ。
そこには「犬(死)」という紙が張られていました。
袋を開けてみると首輪をした白い犬の死体が入っていました。
かわいそうに思い、近くの土手に埋めてお墓を作ってあげました・・・・」


?ゴミ袋exclamation&question
張り紙exclamation&question
あり得ないっ
パンチ




パネル展示のあったワンコのフリースペース喫茶店
お茶をする私達の足元で、疲れてしまったのか安心した表情でぴかぴか(新しい)スヤスヤ眠っているぴかぴか(新しい)チョコ眠い(睡眠)
06415zzz.jpg

そんなチョコを見て・・・
なぜか切なく、
妙に複雑な気分になった私でした。 
今の自分に出来ることって・・・・。






ニックネーム チョコたん at 23:39| Comment(46) | TrackBack(0) | 動物保護&SOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする